LAGQのカノン

YouTubeで偶然見つけてひっくり返った演奏。

良く知られたパッヘルベルの「カノン」をロサンゼルス・ギター・カルテット(LAGQ)が演奏しています。(5:58)出だしはごくオーソドックスな「カノン」・・・,と思いきや中盤から後半にかけてはアッと驚く展開が待っています。スキンヘッドのScott Tennantが怪しい動きを見せたと思うとギターが○○ジョーに!(オダギリジョーではない)

1980年に結成されたLAGQ。アンドリュー・ヨークは2006年に脱退し,現在のメンバーは下記の4人。
■マット・グリーフ Matt Greif(Home Page
■ジョン・ディアマン John Dearman
■スコット・テナント Scott Tennant(Home Page
■ウィリアム・カネンガイザー William Kanengiser(Home Page

それにしてもこの人たち,本当に楽しそうにギターを弾いていますね。音を楽しむから「音楽」なり。我輩も今日はギター合奏団の練習日。約1ヶ月ぶりなので楽しみです。

関連記事:

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL