素面でもおいしい


青ラメの包み紙を開けるとそこには茶色の粒が。普通のチョコと思って口に放り込むと,ムムッ・・・。

まず口中に広がるのはカカオパウダーの苦味。次に来るのはホワイトチョコレートのもたれかかって来るような甘み。それが終わるとコーティングキャラメルのキリッとした甘み,最後にはアーモンドの香ばしさが味わえるという,一粒で4度おいしいチョコなのです。

数年前に出張で来た広島のスナックで食べてとてもおいしかったので記憶に残っていたチョコでした。そしてつい最近,やはり広島市内のカラオケスナックに入ったら,このチョコが出てきました。変わらないおいしさでした。ということは市内のどこかで売っているのだろうと思い,スーパーやデパートを見て廻りましたが見つかりませんでした。会社の同僚(広島ネイティブ)にその話しをすると「売ってるところを知っています。」と言うではありませんか。瞬間,私は「オアズケ犬」状態,ハァハァハァハァ!

広島と言うより中国地方を代表する歓楽街「流川」の一角にある普通の酒屋さんの珍味コーナーにたっぷりとありました。買って帰って家で素面で食べてもやはりおいしい。「ティラミスチョコ」というらしいです,これ。ネット上でも話題になっていました。何てことはない,楽天でも買えるのです。どうぞお試しあれ。

関心空間(ティラミスチョコ)|http://www.kanshin.com/keyword/896920
Manisele-999|http://manisele.jugem.jp/?eid=340
とびはぜのつぶやき|http://tobihaze.exblog.jp/4935497

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください