雁風呂

サントリーのCMは昔から印象に残るものがたくさんありました。サミー・デイビスJrの「チコンチコン」,ギターの弾き語り「ロンドン,ディラン,シュビダバァ~,オデ~エ~エ~ヨ~」,松田聖子の唄うスィート・メモリーズで「ペンギンズ・バー」,グッと新しいところではミスターC.C.レモンなどなど。そんな中で一番印象に残っているのがウィスキーの角瓶「雁風呂」篇というCM。

夕暮れの砂浜。焚き火に顔を照らされながらウィスキーのお湯割を啜る男。バックに流れるナレーション。

「月の夜,雁は木の枝を口にくわえて北の国から渡ってくる。飛び疲れると波間に枝を浮かべ,その上に止まって羽を休めるという。そうやって津軽の浜までたどりつくと,いらなくなった枝を浜辺に落として,さらに南の空へと飛んでいく。日本で冬を過ごした雁は,早春の頃再び津軽に戻ってきて,自分の枝をひろって北国へ去っていく。あとには生きて帰れなかった雁の数だけ枝が残る。浜の人たちはその枝を集めて風呂をたき,不運な雁たちの供養をしたのだという。」
(サントリーのサイトからの引用)

そして作家の山口瞳さんの「あわれな話だなぁ,日本人て不思議だなぁ・・・」という呟きで締めくくられる何とも物悲しいCMでした。

最後の科白は開高健さんだとばかり思っていましたが山口さんだったんですね。山口瞳さん,開高健さんともサントリーの宣伝部に所属していたことがあって,お二方ともCMに出演していたことがあったので混同していたようです。人間の記憶なんて実にいい加減なものです。というか私がボケているだけですが。最近,サントリーのテレビCMで例の「ロンドン,ディラン,シュビダバァ・・・」が流れているのでそんな昔のことを思い出しました。

サントリーホームページ
サントリーTVCF「父の上京」篇

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください