寺家でギターの練習


今日は午後から緑GCのFさんとデュエット曲の練習をしました。楽譜は一応,E.エルガー「愛の挨拶」,A.モンテス「アンゴストゥラ」の2曲。"一応"などと歯切れが悪いのは,私もFさんも示し合わせたようにそれぞれ別のデュエット曲集を持っていて,本命2曲の合間にいろいろ弾いてみたところ,「ニュー・シネマ・パラダイス」と「オブリビオン」もいいね!,ということになり,次回また合わせてみることになったのでした。練習期間があまり無いので今度の練習時には絞り込まなければならないでしょう。

練習場所はFさんに手配していただいて青葉区寺家(じけ)にある某ギャラリーを使わせていただきました。寺家の一帯は横浜市が「ふるさと村」として昔からの田園地帯を保護しています。一帯には昼なお暗い森や水田,果樹園が広がり,日曜日にはハイキングやスケッチなどにたくさんの人がやってきます。お邪魔したギャラリーは水田地帯から急坂を登った突き当たり,木々に囲まれた尾根上のようなところにありました。Fさんがオーナーさんと顔見知りなので普段は使われていない製作室をお借りして2時間半ほど練習することが出来ました。(写真は寺家ではなく先日行った鬼石の風景)

ギターを弾く手を休めたときに聞こえてくるのは風に揺れる木々のざわめきだけです。街の喧騒から切り離された静寂の空間で眉間に皺を寄せギターを弾くむさくるしいおじさん二人,しかもヒゲ男・・・。

次回の土曜日も使わせていただくことになりました。
ギャラリー「アースビジョン」
横浜線沿線散歩(寺家ふるさと村)

関連記事:

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL