YouTubeより(2)

YouTubeで見つけた映像。やはりギターがらみです。
R.ディアンスの「タンゴ・アン・スカイ」,珍しいバイオリンとのデュオです。ギターは全く楽譜どおりに聴こえますが,バイオリンのオブリガートで曲に厚みがでてゴージャスな雰囲気になっています。ギター,バイオリンともに演奏者は不明。舞台に楽譜が散乱しているところからするとコンサートのアンコールといったところか。でも赤いドレスのバイオリニストは誰なんでしょう。すごく気になります。

もう1本は山下和仁とラリー・コリエルのデュオでビバルディの「四季」より春の1楽章。
http://www.youtube.com/watch?v=OoQ2SGVTsgo
涼しい顔で弾くコリエルとあくまでストイックな山下の両者が対照的です。こちらは服装,椅子の配置から見て,山下のコンサートにコリエルが友情出演,という趣。このまま早弾き競争に突入,なんてことは無かったでしょう。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください