私のギター原体験

日々流転的備忘録

小学校から中学校にかけて塾に通っていました。

受験のための塾ではなくて学校の勉強の予習,復習をやるような,のんびりとした雰囲気の塾で,教室は座敷で座り机,授業が始まる前にはそこで自由に遊ばせてくれて,ゲームをやったり相撲をとったりして汗だくで授業を受けた覚えがあります。

そこの講師は経営者のK先生ひとり,事務は奥さんが勤める極めて家庭的な塾でした。

K先生は体が少し弱く,無理をするとすぐ熱を出すような人でしたが,ロシア語が喋れたために戦時中は大陸のかなり深いところまで派遣され,終戦後しばらくの間,抑留されていたシベリアの捕虜収容所でもロシア語の通訳として重用されていたのだそうです。

極寒の地シベリアでは相当な苦労をされたはずですが,K先生の語るシベリア体験談はいつも生徒たちの爆笑を誘うものばかりでした。(トイレに行くときにはハンマーが必需品だったとか・・・)

そのK先生はギターを弾く人でもありました。

教壇の脇には常にギターが置いてあり,理科で音の共鳴を教えるのにギターを使ったり,生徒たちがダレているとちょっと1曲,と言って「第3の男」や「禁じられた遊び」を弾いてくれたり・・・。

下町のおっちゃん,おばちゃんに囲まれて育った私の目にはK先生がとてもモダンな紳士に写った記憶があります。今となってはK先生がそのギターをどんな思いで弾いておられたのかは知る由もありませんが,その塾で目にしたり聴かせてもらったK先生のギターが,私のギターについての原体験のような気がします。(思いっっきり昔話になっています。)

さて,今日はTakaさんが所属されているM-ets主催の「2006アコースティック・カーニバル」を聴きに「つくし野センター・ホール」まで行ってきました。昨年も聴きに行ってとても面白いイベントだったので,緑GCのメンバーにも情報を伝えたところ,私のほかに3名(プラス奥様1名)が聴きに来ていました。

昨年より出演者こそ少なかったものの正味約2時間のコンサートは,曲,演奏スタイルともにバリエーションに富んでいて,オーディエンスとしてはとても楽しむことができました。久々にプリンセス・ピンクさんの演奏が聴けましたし,TS&SSさんがデュエットで弾かれたチック・コリアの「Spain」は圧倒されそうなエネルギーに溢れていました。

帰り道,一緒に帰ってきた緑GCのNさんと意見が一致したのですが,こういったアマチュアのイベントでは演奏者側がリラックスして弾いてはじめて,観客側も楽しめるのだと思います。

「お客さんが手に汗握るような演奏をしちゃだめですよね~」「アハハハ~」と笑った後にお互いに黙り込んでしまったのは,緑GC一番の課題を語り合うにはあまりに時間は短く,まだまだ日も高かったせいかもしれません。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください