ベランダのキノコ


梅雨前線による大雨で各地に被害が出ています。東京では今のところ大雨という降り方ではありませんが,先週来温度,湿度とも高く,いかにも”梅雨時”の天候が続いています。そんな中で今朝,我が家のベランダの鉢植えにキノコが生えているのを発見しました。ネット上のキノコ図鑑を見てみるとシロマツタケモドキシモフリヌメリガサマルミノヒガサタケあたりに似ています。

種(?)を蒔くとか,移植したわけではなく自然に生えてきたので,空中を漂っていた胞子がたまたまこの植木鉢に着地し,温度,湿度,養分などの条件が揃ったので発芽したのだと思いますが,やはりこのところの高温,多湿の気候が影響しているのでしょう。しかし,キノコって季節を問わずどこにでも生えるんですね。ちょっと驚きました。

※こちらサイトにリンクさせていただきました。
【きのこ図鑑,著作:大川正明,編集:吉川敏則】

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください